牛ユッケに使用される部位はどこ?美味しい食べ方や注意点も!

牛ユッケに使用される部位はどこ?美味しい食べ方や注意点も! 実は・・「牛ユッケ」食した事がありません。。 ぶっちゃけ「生レバー」も貧血が出た時に食べた程度です。。 私の中で生肉=危険と言う固定観念を持っているのもあるかもしれません。 だけど私の周りの友人達はみな、「あんな美味しいものを食べないなんて・・」 と言うのです。 今回は「牛ユッケ」について、苦手意識を失くしてみよう!と思い調べてみました。 ① ユッケは禁止? 2011年4月に牛ユッケ集団食中毒事件により、多くの人々が食中毒の被害に遭いました。中には腸管性出血性大腸菌O-111によって亡くなられた方もいるほどで悲惨な事件でした。 これによって、焼肉店などでは牛のレバーを刺身で提供することが禁止されましたが、全面的に法律で禁止となったのは牛のレバーでした。 問題のきっかけとなった牛のユッケに関しては、条件付きで提供することが認められているそうです。 条件とは、生食用の食肉専門の設備を備えた衛生的な場所の確保が必要であることだそう。 この条件をクリアしているお店に関しては許可証があるので目印になるそうです。 この許可証があったら、より安心して食べられますね。 生食用の牛肉として人気のユッケ!焼肉とは違いあっさりして贅沢なお肉の1つだから、 これからも、安心して食べたいですよね。 ② 牛ユッケに使用される部位はどこ? そもそもユッケとは、モンゴルのタルタル・ステーキが朝鮮半島に伝わり、「ユッケ」となりました。ユッケは韓国語のユック(肉)とフェ(刺身)が合わさった言葉で、韓国では馬肉を食す習慣がなかったので、牛肉が代用されていたそうです。 ユッケに使う牛肉は 主に赤身肉のモモ肉が使われる事が多いそうです。 一般的に牛の内モモ肉がよく使用されるようです。 モモ肉は主に腰からお尻・太ももの内側・外側の4つの部位で形成されていて、内モモは 赤身で柔らかく濃厚な味があるのが特徴です。 ローストビーフ用にも使われている部位だそうで、モモ肉にサシ(霜降り)が入るのは上質なお肉の証なんだそうです。 ローストビーフは大好きでめちゃめちゃ食べるのだけど、ユッケも同じ部位だとは・・ 友人たちが美味しいと言うのも頷けました。。 ③ 美味しい食べ方や注意点! さてユッケの美味しい食べ方としては、焼肉店では基本的に、皿の中に入っているものを(味はすでに付いているので)全部グチャグチャに混ぜてそのまま食べましょう。梨やリンゴ、きゅうりなどの千切りが添えられている場合は混ぜずに、それをつまみながら食べると良いそうです。 最近では、インターネット通販でも購入が可能になっているらしく、いつでも好きな時に食べられるのは嬉しいですね!冷蔵や冷凍での販売もお店によって取り扱っているみたいです。ただ、注意しておきたいポイントとしては、「食べきりサイズで個包装」である事。 一度で食べ切れるサイズで、新鮮なうちに食べ切れるような商品を選ぶ事が大事ですよね。、あと、やはり生のお肉を食べる時は食虫毒の可能性も頭に入れる必要があります。。 小さなお子さんやご年配の方、体が弱っている状態で食べるのは気をつけましょう。 生肉=危険という固定観念を持っていた私ですが、生の牛肉ユッケは食べられる!という事、国の基準をクリアしたお店であれば安心して食べられる!という事が分かりました。 お肉大好き人間の私。。今まで敬遠していたユッケだけど、この機会にチャレンジしてみようかな。ま、手始めにユッケビビンバにして食べてみようか笑 家飲みを科学する

私の周りの友人達はみな、「あんな美味しいものを食べないなんて…」と言うのですが、実は、「牛ユッケ」食した事がありません。

ぶっちゃけ「生レバー」も貧血が出た時に食べた程度です。

私の中で生肉=危険と言う固定観念を持っているのもあるかもしれません。

ただあまりにも美味しそうに見えるので 今回は「牛ユッケ」について、苦手意識を失くしてみよう!と思い調べてみました。

 

牛ユッケに使用される部位はどこ?美味しい食べ方や注意点も!

牛ユッケは禁止されている?禁止されたのはいつから?

2011年4月に牛ユッケ集団食中毒事件により、多くの人々が食中毒の被害に遭い、中には腸管性出血性大腸菌O-111によって亡くなられた方もいるほどで悲惨な事件でした。

これによって、焼肉店などでは牛のレバーを刺身で提供することが禁止されましたが、全面的に法律で禁止となったのは牛のレバーでした。

<p

>問題のきっかけとなった牛のユッケに関しては、条件付きで提供することが認められているというのが現状です。

その条件を詳しくご説明すると、生食用の食肉専門の設備を備えた衛生的な場所の確保が必要であることだそう。

この条件をクリアしているお店に関しては許可証があるので目印になるそうです。

この許可証があったら、より安心して食べられますね。

牛肉や豚肉といった家畜と比べると体温が5度から6度高く、雑菌の増殖や寄生虫が住みにくいことや食中毒の原因ともいわれるO-157やO-111などは牛や羊、鹿の腸内に生息するのか特徴ですが、馬には生息できない為、馬刺しも人気の高い食品ですが、好きな方に言わせると、牛ユッケ、牛刺しはまた違う美味しさがあるということですね。

生食用の牛肉として人気のユッケ!焼肉とは違いあっさりして贅沢なお肉の1つだから、これからも、安心して食べたいですよね。

 

牛ユッケに使用される部位はどこ?

牛ユッケに使用される部位はどこ?

そもそもユッケとは、モンゴルのタルタル・ステーキが朝鮮半島に伝わり、「ユッケ」となりました。

ユッケは韓国語のユック(肉)とフェ(刺身)が合わさった言葉で、韓国では馬肉を食す習慣がなかったので、牛肉が代用されていたそうです。

ユッケに使う牛肉は 主に赤身肉のモモ肉が使われるていて、一般的に牛の内モモ肉がよく使用されるようです。

モモ肉は主に腰からお尻・太ももの内側・外側の4つの部位で形成されていて、内モモは赤身で柔らかく濃厚な味があるのが特徴です。

ローストビーフ用にも使われている部位だそうで、モモ肉にサシ(霜降り)が入るのは上質なお肉の証なんだそうです。

ローストビーフは大好きでめちゃめちゃ食べるのだけど、ユッケも同じ部位だとは…

要は牛肉の中でも、旨味の強い部位であるということなので、友人たちが美味しいと言うのも頷けました。

 

牛ユッケの美味しい食べ方や注意点!

牛ユッケの美味しい食べ方や注意点!

さてユッケの美味しい食べ方としては、焼肉店では基本的に、皿の中に入っているものを(味はすでに付いているので)全部グチャグチャに混ぜてそのまま食べましょう。

梨やリンゴ、きゅうりなどの千切りが添えられている場合は混ぜずに、それをつまみながら食べると良いそうです。

最近では、インターネット通販でも購入が可能になっているらしく、いつでも好きな時に食べられるのは嬉しいですね!

冷蔵や冷凍での販売もお店によって取り扱っているみたいです。ただ、注意しておきたいポイントとしては、「食べきりサイズで個包装」である事。

一度で食べ切れるサイズで、新鮮なうちに食べ切れるような商品を選ぶ事が大事ですよね。、あと、やはり生のお肉を食べる時は食虫毒の可能性も頭に入れる必要があります。

小さなお子さんやご年配の方、体が弱っている状態で食べるのは気をつけましょう。

 

生肉=危険という固定観念を持っていた私ですが、生の牛肉ユッケは食べられる!という事、国の基準をクリアしたお店であれば安心して食べられる!という事が分かりました。

お肉大好き人間の私。

今まで敬遠していたユッケだけど、この機会にチャレンジしてみようと思いました。

ま、手始めにユッケビビンバにして食べてみようかなwww

新・生食用加工基準を満たした国産牛 パイン牛ユッケ

 

この記事が少しでもお役に立てましたらシェアしていただけますと嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました