お酒の知識

お酒の知識

今年の父の日は?父の日の由来と、父の日のプレゼント

母の日がすぎると、父の日の存在が迫ってくる感じがあります。 母の日同様に、父の日って何日だっけ? というふうに、少し不安になってくるのも父の日の特徴です。
お酒の知識

だれやみ・だれやめ・だいやめ・・・?

だれやみ、だれやめ、だいやめ 何のことやら、さっぱりの方には全くもって何を意味するのかわからない、この3つのフレーズです。 これらは、3つとも同じ意味をもつワードなのですが、何を意味しているのでしょうか?
お酒の知識

生ビールの「生(ナマ)」って・・・?

お酒がいただけるお店につくなり、このように注文したり オウチに帰って、上のような独り言をつぶやいてみたり・・・ 汗ばむ季節になってくるとともに、そんな機会が増えてくるのではないでしょうか?
お酒の知識

ビールが美味しい季節になってきました

缶ビールを開けたら、いち早く喉に通して揚げたい衝動をこらえつつ、ゆっくりと注ぎ入れ、泡の状態を観察し、完璧なタイミングを作って(待って)飲む、この一杯にかける「辛抱」が、更にビールの美味しさをグレードアップしてくれるようで、試す前から「あーーーー」ってなります。
お酒の知識

1000円を切るデイリーワインが、デキャンティングで大変身!

我が家での家飲みでも、ビールの次にワインを飲む機会が増えました。 なので、一昔前よりもワインが身近に感じられるようなほど、ワイン、デイリーワインの消費は確実に増えているのですが、上の2つのアンケート結果に見られるように、いつも購入するワインの大半は2,000円以内、1,000円以内という感じで選んでいると思います。
お酒の知識

醸造酒と蒸留酒、お酒を大別するとこの2つに分けられる

ニール、ワイン、日本酒、焼酎にウイスキーなどなど、他にも沢山のお酒が世界中にはあって、その多くを日本国内で買うことが出来、またいろいろと試すことも出来ます。 これらは、味のほか、見た目や香りも、それぞれに特徴的な違いがありますが、同じアルコール類でもあります。 そんな多種多様な世界中のお酒も、大別すると2つに分けることが出来るんです、というのが今回のテーマ。
お酒のつまみになる話

二日酔いに効く?と言われるシジミやアサリについて、本当のところは?

家飲みも、ここまで熟れてくると、たまに油断して次の日公開するほどに飲んでしまうことがあります。 週末、金曜日ぼーっと飲み始めて、気がつけば日付が変わるほどまで飲んでいて、酒量も、後から振り返れば結構な量を飲んでしまっています。
お酒のつまみになる話

誰が呼んだか「コンビニ最強酒」、累計出荷数3億本!元祖生原酒「ふなぐち菊水一番しぼり200ml」

昨年は、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が大ヒットして、品切れでなかなか購入できない時期もあったほど売れてました。
お酒の知識

日本酒ラベルの「日本酒度」というのが良くわからなかったので調べてみた

これが何を示す数値なのか、気にはなっていたけど、ずっとそのまま知る(調べる)機会を逸していたので、自粛期間の暇に任せて、掘り下げてみた。
お酒の知識

年末年始のお酒選び!さぁどれにする!?

日頃飲んでいるものでもいいのですが、ここぞとばかりに「特別なお酒」という理由付けをして、何飲もうかなぁ~と物色してしまいます。 良く買い物をするAmazonでも「年末年始におすすめお酒特集」というコーナーができていたり、楽天市場でも。
お酒の知識

おもたせ?手土産?お持たせって何?

日本における贈り物の風習(慣習)として、お見舞い、選別、お土産、結婚や出産、誕生日などのお祝い、結婚記念日、お年玉、お年賀、母の日、父の日、敬老の日、、お中元にお歳暮といった贈り物の機会があります。 習慣的に、そのタイミングでは贈り物をするものとして教わってきた先例的なもの、愛情を伝えたり、祝福の気持ちを贈り物を介して伝えたりするなどなど、様々です。 慣習的なものには、贈り物のマナーとしていろいろなお作法があったりと、知っておきたい事柄も多くありますが、今回は「おもたせ」について。 おもたせ、おもたせは手土産とは違う
お酒の知識

10月は神無月、島根県出雲では神在月、日本酒発祥の地も島根県

旧暦では、和風月名(わふうげつめい)と呼ばれる月の和風の呼び名を使用していました。和風月名は旧暦の季節や行事に合わせたもので、現在の暦でも使用されることがありますが、現在の季節感とは1~2ヶ月ほどのずれがあります。
お酒のつまみになる話

お酒の熟成について。熟成すると味わいも変化する?

ビンテージワイン、○○年もののウイスキーといった年代物の希少性、貴重性はそれらのお値段にも反映されていて、明確にその価値を示しています。
お酒のつまみになる話

餃子の購入額1位は宇都宮?浜松?日本酒は?焼酎は?ビールは?酒飲みランキング

ギョーザダービーの家飲み版「家飲みダービー」を命名してみました。 総務省が毎年実施する「家計調査」では、どのお酒にどこにお住まいの方が多くお金を使ったかがわかります。(県庁所在地ランキング)
お酒のつまみになる話

家飲みマンネリしてませんか?話題の「酒ガチャ」で新規開拓

ガチャとは、子供からの視点で親や、生まれや家、家庭環境を選べない、ガチャガチャのような運任せであるという、ソーシャルゲームの「ガチャ」に例えた、現代的なスラングです。 ここで、その価値観をどうこう書くことはないのですが、要は運任せ、当たりであれ、外れであれ、その結果は運任せであると、言い切った言葉のようにも聞こえます。 そんな、ちょっとダークな社会的話題からのスタートのようにも思えますが、同じガチャなら、酒ガチャ、ご存知でしょうか? 「ガチャ」の用法に、馴染みがない方も、先述の「ガチャ」説明に記載したように、ガチャ=くじ引きのようなイメージとして捉えるとすれば、酒ガチャとは・・・?
お酒のつまみになる話

夏の家飲みおつまみは漬物がしっくりきます、塩分が決め手?

2021年夏、今年もまぁ暑い日が続きますが最近の傾向として、家飲みのオツマミが暑さのせいか、揚げ物や、肉や魚といった脂肪分を多めに含んだ食材を焼いたものを好まなくなりました。 枝豆とか、塩もみしたキュウリとか、素材が持つみずみずしさを残しつつ塩気を感じられるものと一緒にお酒をいただく、うまく表現できませんがこんな感じ。
お酒のつまみになる話

焼酎も日本酒も前割り(先割り)が驚くほどに美味い理由

飲む直前に、水で割って飲むよりも、あらかじめ割っておくほうが水と焼酎が馴染んで口当たりが良くなるとされています。 今晩飲む焼酎を、前の晩や当日の朝に事前に、割って用意しておいたり、数日前に割って準備すると、さらにまろやかになるという人もいます。 割って寝かせる期間は、3日~1週間というが理想的だそうなのですが、私自身、数日前から割って置いておいたことが、実はありません。 前日の夜、飲み終わりに、片付けついでに、翌日の夜用に仕込んだことならあります。 そのときには、ほとんど変化が感じられなくてそれ以来、試したことはありません。
お酒のつまみになる話

大人の夏休み、夏休みの自由研究に「みぞれ酒」造り

キンキンに冷やしたグラスに、同じく冷やした日本酒を注ぐと、あれよあれよとたちまちモクモク~と、まさにみぞれのように凍ってくる、これが「みぞれ酒」。
お酒のつまみになる話

ワイン発祥の地とされるジョージア(旧グルジア)

私、これまで「ジョージア」と聞いて連想するのは缶コーヒーでしたが、これからは「ワイン」。ここで言うジョージアとは、西アジア、もしくは東ヨーロッパ、ロシアの南側、トルコやアルメニア、アゼルバイジャンの北側、古代シルクロード、その要所として栄えた東欧「南コーカサス地方」に位置する「国」のこと。
お酒の知識

森永製菓のICE BOXが手放せない季節到来!

森永製菓のICE BOX(アイスボックス)が手放せない季節到来!アイスボックス狂の夏到来というわけでございます。家飲みのお酒も、キンキンに冷えたやつをゴキッゴキッといってカーッとなりたい!
タイトルとURLをコピーしました