2020年の鏡餅はいつからいつまで飾るの?鏡開きの時期と意味は?

2020年の鏡餅はいつからいつまで飾るの?鏡開きの時期と意味は? 家飲みを科学する
スポンサーリンク

2019年もいよいよ、あと少しとなりましたね。

1年経つのが本当に早く感じるのは私だけではないと思います。

お正月にかかせないものと言えば、何といっても「鏡餅」ですよね。

皆さんは、「鏡餅」をいつからいつまで飾るのが良いか知っていますか?

今回は、そんな「鏡餅」や「鏡開き」の時期や意味についてご紹介したいと思います。

 

そもそも鏡餅とは何?意味と由来は?

鏡餅と言うと、私が小さい頃は祖父と父が餅をつき、ついたお餅を祖母が大小の丸い餅に仕上げた鏡餅をいくつか作り、母がそれを床の間などに飾る..という姿を思い出します。

現在では、スーパーなどでも販売されており、それを買って、お家で飾る方も多いのではないでしょうか?

 
本来、鏡餅とは、新年の神様・穀物の神様である「年神様」への供え物であり、依り代で、お迎えした「年神様」の居場所が鏡餅なのだそうです。

「鏡餅」は丸い形をしていますよね。それは、昔の鏡に由来しているらしく、弥生時代から使われていた三種の神器の一つであたそうです。

銅鏡=光を反射し太陽のように光るという事から、太陽の神様とされる天照大神に見立てられ、神様が宿るものと考えられるようになりました。

そこで、稲の霊が宿った神聖なものとして神様に捧げられるお餅を、神様が宿る丸い鏡に見立てて「鏡餅」と呼ばれるようになりました。

「鏡餅」は、その年の豊作を祈願し、新しい門出を祝うという意味があります。

また、大小2段で重ねるのは、月と太陽、陰と陽を表していて、円満に年を重ねる・夫婦和合などの意味も込められているそうです。

祖父や祖母が亡くなった今では、家で餅をつくこともしなくなり、近所のパン工場でついてもらった餅を飾るだけになってしまった我が家。

でも、今も昔も新しい年への幸福や恵みを願う気持ちは変わりません。

 

2020年の鏡餅はいつからいつまで飾るの?

2020年の鏡餅はいつからいつまで飾るの?

鏡餅や門松・しめ飾りなどのお正月飾りは、いつ飾るのがベストなのでしょうか?

私は大体、クリスマス飾りを片付けたタイミングで、お正月飾りをしますwww

調べてみると、松の内(12月13日)以降に飾るのが一般的な風習なんだそうです。

また、NGとされているのは「苦」を連想させる29日と「一夜飾り」となる31日なのだそうです。

最もベストなタイミングは28日と言われているそうです。

飾ったお正月飾りは、地域によって違いはあるけれど、1月7日までに片付ける所が多いそうです。
そして、取り外したお正月飾りは、1月15日に神社で行われる「どんど焼き」で焼きます。

我が家も、毎年持って行き、どんど焼きの火で炙ったお餅を頂くのが習慣になっています。

今年はベストと言われている28日~1月7日まで飾ることにしようかな。

 

鏡餅の鏡開きの時期と意味は?

先述の通り、お正月は年神様をお迎えする行事なので、年神様がいらっしゃる松の内の間は食べてはいけないそうです。

年神様が怒ってしまうかもしれません!

地域によっては(関西など)、鏡開きを15日や20日に行う場合もあるみたいですが、一般的には11日に鏡開きをするところが多いです。

鏡開きの意味は、年神様の力が宿った鏡餅を開くことで年神様をお送りする、そして頂くことで1年の無病息災、家内安全を願うという意味があるそうです。

また、鏡開きはもともと武家から始まった行事なので、刃物で切るのは切腹を連想させるため、包丁などの刃物で切るのは禁物でした。

また、「割る」という表現も縁起が悪いので、末広がりを意味する「開く」を使うようになって、「鏡開き」というようになりました。

同じ「鏡開き」に、樽酒の蓋を割ってお酒を振舞う行事もありますよね。これは、樽酒の蓋のことを「鏡」と呼んでいて神聖な意味を持つ日本酒が樽で供えられた時に、やはり縁起の良い「開く」という表現をするのだとか。
鏡餅の鏡開きも、樽酒の鏡開きも健康や幸せを願う大切な儀式なのですね。

さあ、来年も良い年を迎えられますように、年神様に失礼のないようお正月飾りを準備しましょう!

 

 

この記事が少しでもお役に立てましたらシェアしていただけますと嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました