風呂敷もありですね!レジ袋有料化スタート、お気に入りのエコバック探し

家飲みが捗るよみもの

2020年7月1日からレジ袋が有料化になります。

今から、15年ほど前「京都議定書」として発行した地球温暖化を抑制するための目標の中に、温室効果ガスの削減として過剰包装の防止やエコ製品の使用を具体的なアクションとして定めていました。

当時の環境大臣、現東京都知事の小池百合子氏の音頭のもと、クールビズやマイバッグなどのキーワードを、至るところで目にするようになります。

あれから15年ほどの時間を経て、レジ袋が有料化され、本格的にマイバッグや風呂敷の活用が進んでいくことでしょう。

循環型社会、持続可能な社会の実現を掲げて、SDGs(持続可能な開発目標)17の目標が、昨年2019年に国連サミットで、世界のリーダーたちによる社会共通目標として掲げれれました。

これらの目標は2030年へ向けての目標とされています。

2030年には、このたびの「レジ袋有料化」のように、明確に環境課題への取組みとして実行される未来があるのだと思います。

もちろん、私たち個人個人の取り組みや、理解もさらに深めていく必要も大事なんだと思います。

 

みなさんは、このSDGsの17の目標について、もうご存知ですよね?

プラスチック製のレジ袋有料化から、これからのマイバッグや買い物袋、風呂敷選び

これまで、マイバッグも色々試しはしたものの、つい忘れてしまったり
使い勝手も、買い物ごとにさまざまで、これっといってピッタリのものを見つけられずにいました。

そこで、私のマイバッグ計画は「風呂敷」を採用することにしてみまた。

風呂敷(ふろしき)は、物を包み持ち運んだりするための正方形に近い形の布のこと。

子供の頃に見たアニメに出てくる「ドロボウさん」たちは、たいてい唐草模様の風呂敷に物を沢山包んでいたのを思い出します。

まぁ、ドロボウさんも多くの荷物を、手早く包んで、大量に運ぶための最適解として「風呂敷」をチョイスしていたほどに、物を包み、運ぶことに風呂敷の有用性があるものと考えます。

ちなみに、唐草の文様は古代エジプトの発祥とされ、かのシルクロードを通って日本にまで伝わり、江戸時代に風呂敷の文様として定着したとのこと。

唐草は、四方八方に限りなくのびる様から、延命長寿、子孫繁栄といった縁起の良い印とされたそうです。

風呂敷の良さ最大のメリットは、包むものの大きさや形にとらわれない、自在に包めるということです。
マイバッグなど買い物バッグだと、入れるものの容量や形によって、サイズや形状のバリエーションが必要になることがありますが、その心配がないこと。

それと、使わないときは限りなく小さく畳めることが大きなポイントです。

そういった理由から、当面「風呂敷」を使ってみたいと思うところなのです。

風呂敷の環境への効果

レジ袋1枚を約8g~10gとすると、製造過程で小さな猪口1杯分(約16~18ml)の原油を使うとされている。また、製造過程で30g、焼却過程で31gの二酸化炭素を排出するため、1枚のレジ袋を使用しないと約61gの二酸化炭素の排出抑制ができる。環境省によると、現在日本で年間に使われるレジ袋は約300億枚で、原油換算すると約60万キロリットルに達し、ごみとして出される量は約60万トンにもなるという。このため、買物に際してレジ袋の利用を止めて風呂敷へと転換するごとに二酸化炭素とごみの削減効果に個人レベルで日常的に貢献でき、ひいては地球温暖化防止に貢献することにつながるといえる。

風呂敷 - Wikipedia

View this post on Instagram

雨の日にも使える撥水加工のふろしき"アクアドロップ"。水切れ性能がUPし、薄くやわらかな肌触りになりました。 . 来月7月よりレジ袋が有料化となる今、洗えて衛生面もクリアしたふろしきバッグでスマートなお買い物の準備を。 . IGTVでもバッグの作り方を動画でご紹介しています。(4枚目・プロフィールページからIGTVをご覧いただけます。) . Water repellent furoshiki renewal! The repellent power got stronger and the material got thinner and softer. . #むす美 #風呂敷 #ふろしき #風呂敷専門店 #musubi #furoshiki #東京 #京都 #日本 #japan #tokyo #kyoto #gift #giftwrapping #ギフト #ギフトラッピング #風呂敷バッグ #bag  #エコバッグ #waterproof #撥水 #撥水加工 #レジ袋有料化 #リュックカバー #waterrepellent #カタカタ #伊砂文様 #牡丹

A post shared by 風呂敷専門店 むす美 kyoto / tokyo (@furoshiki_musubi) on

View this post on Instagram

7月よりレジ袋が有料化になります。  この機会に 「プラ」から「フロシキ」に 変えてみるのはいかかでしょうか。  袋だけじゃない きっと何かがかわるはず…😌✨   ************** 画像の風呂敷 yuicloth ナチュラル  Mサイズ (約97cm / 約140g)   「BASE」にて 販売しております。  お店へは ・上記リンクのHP ・または「yuicloth BASE」検索↗️ よりお越しいただけます。 ****************************   #風呂敷 #Furoshiki #yuicloth #レジ袋 #レジ袋有料化 #ミニマリスト #風呂敷バッグ #丁寧な暮らし #ひし形風呂敷 #アレンジ風呂敷 #エコ #eco #エコバッグ #シンプルライフ #ものを持たない暮らし #自分らしく #暮らしを楽しむ #癒し #丁寧な暮らし #noplastics #noplasticbag #ノープラスチック

A post shared by yuicloth (@yuicloth) on

View this post on Instagram

・・・少しずつお出掛け・・・ #京セラ美術館 お昼前から京セラ美術館へ 今なら京都府民のみ 新しくなった京都美術館を観たくてお出掛けしました😊 帰りは運動がてらテクテク歩いて大丸さんまで🎵 #ケーキ 歩いたご褒美?に我慢に我慢をした、、、 HARBSさんのケーキ🍰 そしてお買い物はいつも風呂敷に包んでね❣️ #HARBS #風呂敷バッグ #ご予約はDMで #日本風呂敷協会認定講師 #京都市#右京区京北#四条烏丸教室#風呂敷ラッピング#マーブリング#ハリネズミ#Hedgehog#furoshiki#風呂敷#ご予約はDM又はお電話で#ボストンテリア#風呂敷コーディネーター#バレンタイン#プレゼント#ラッピング#京北教室#SAKE#日本酒#エコバッグ#エコ#つつみかたむすびかた郭#kuru-wa#飯田久江#風呂敷アレンジ

A post shared by 風呂敷つつみかたむすびかた郭kuru-wa (@hisae_iida) on

View this post on Instagram

・・・Stay Home・・・ #お家にいよう #お買い物はまとめてね❣️ 今日は週一のお買い物の日 前回のお野菜が少し残っているので 先週よりは控えめなお買い物😅 そろそろ夏野菜が出てきてますね🎵 ズッキーニとキュウリ🥒 やっぱり重たいわ😅 使用している風呂敷は約70cmのポリエステル。 かさ張らないので バッグに忍ばせておくのにピッタリのサイズです☺️ #stayhome #風呂敷バッグ #ご予約はDMで #日本風呂敷協会認定講師 #京都市#右京区京北#四条烏丸教室#風呂敷ラッピング#マーブリング#ハリネズミ#Hedgehog#furoshiki#風呂敷#ご予約はDM又はお電話で#ボストンテリア#風呂敷コーディネーター#バレンタイン#プレゼント#ラッピング#京北教室#SAKE#日本酒#エコバッグ#エコ#つつみかたむすびかた郭#kuru-wa#飯田久江#風呂敷アレンジ

A post shared by 風呂敷つつみかたむすびかた郭kuru-wa (@hisae_iida) on

View this post on Instagram

【朝倉染布】メリーゴーランド – 【日本の工芸品は美しい!】本物と豊かな暮らし 超撥水の濡れない風呂敷です! ecoバックの代わりとして、急な雨の際には傘代わりとして、またムレることもないので、スカーフや膝掛としてもお使いいただけます。 古より織物業で栄えた織都・桐生市から、最新の風呂敷が届きました。 – ■お買い物はプロフィールのリンクからどうぞ →@the_becos メイドインジャパン商品、伝統工芸品、日本文化にまつわる情報を紹介します。 – 【Japanese crafts are beautiful!】 Handmade items and brilliant living – Introducing modern and nice crafts and Made in Japan products! – Valuable moment such as production situation and usage scene – It is a super-water-repellent non-wetting furoshiki. It can be used as a scarf or knee rest as a substitute for eco bag, as an umbrella in case of sudden rain, and as it does not get wet. The latest furoshiki has arrived from Kiryu City, the weaving capital that has prospered in the textile industry since ancient times. – ■Please visit the profile link for shopping →@the_becos – #thebecos #風呂敷 #madeinjapan #handmade #日本 #ふろしき #froshiki #madeinjapan #風呂敷バッグ #cawaii #natural #和風 #日本製 #風呂敷ラッピング #japanlover #wabisabi #プレゼント #cloth #メイドインジャパン #和モダン #風呂敷好き #ふろしき女子 #出産祝い #バッグ #エコバッグ #和雑貨 #母の日 #豊かなくらし

A post shared by BECOS(ベコス) (@the_becos) on

いろいろお作法とかあるのかとも思いますが、まずは日常的な包む・運ぶには風呂敷を使っていきたいと思います。

日本的な文化のひとつとして、風呂敷をもって歩く人がたくさん増えると良いなぁとも思うところです。

経済産業省の調べでは、国内の廃プラスチック量に対する「レジ袋」の割合は焼く2%前後だそうで、あまり高い割合を締めているとは言えません。

このことから、廃プラスチック削減にならないとして批判もあるようですが、有料化されることで多くの人が利用する「お買い物時のレジ袋」に対する意識が変わることで、その他の廃プラスチックをはじめとするエコ意識を変えるキッカケになるのだろうと思います。

先の経済産業省のWEBサイトにも、「私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすること」がレジ袋有料化の目的だとしています。

ここからはじめましょう!

そういうふうに理解しました。

レジ袋に限らず、身の回りの過剰包装や、プラスチックでなくても良いものに対する意識の変化も必要になってきますね!

それと、マイバッグ派の人も、それがプラスチック製だと「う~ん」と考えてしまします。レジ袋有料化にみる本当の目的、その先にあるものを少し考えつつ、今日も家飲み用のお酒とおつまみを回も似に行きたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました