誰が呼んだか「コンビニ最強酒」、累計出荷数3億本!元祖生原酒「ふなぐち菊水一番しぼり200ml」

誰が呼んだか「コンビニ最強酒」、累計出荷数3億本!元祖生原酒「ふなぐち菊水一番しぼり200ml」 お酒のつまみになる話
スポンサーリンク

昨年は、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が大ヒットして、品切れでなかなか購入できない時期もあったほど売れてました。

缶の上面が全部パカっと開く、フルオープンタイプの缶から、個人的に連想するのは「ワンカップ大関」。

あちらは、お酒で、本体がガラスなので「缶」ではないのですが、フルオープンの良いところは、香りが感じられることかなと個人的には思うところ。

ちなみに、フルオープン缶タイプのビールは、過去にもいろいろ登場しているようですね。

 

1986年に発売したサントリー生ビール「泡CAN」

アワCAN

フルオープンですが、新型とは違って缶の底のクリップみたいのをパチンパチンやると泡が出る!という画期的な生ビール缶。

数十年の時を経て、進化した形が、フルオープンで開けたら泡が出る缶ビールということでしょうか。

まぁ、どんな缶ビールもフルオープンにしちゃう、こんな商品も登場しましてました。

Draft Top(ドラフトトップ)2.0 |日本規格ビールの缶オープナー(By Draft Top事務局) - クラウドファンディング | Kibidango【きびだんご】
Draft Top(ドラフトトップ)2.0 |日本規格ビールの缶オープナー(By Draft Top事務局) - Kibidango【きびだんご】は、クラウドファンディング型ECサイトです。やりたいことを実現する新たな仕組みで、事業者のチャレンジをお手伝いします。手数料10% 成功率80%は国内最高レベル。

ワンカップ大関は、1964年からフルオープンですが、個人的には自販機のコーンスープは、今すぐフルオープンにしてもらいたいと思いつつ、ここ最近のフルオープン缶商品のイチオシは「元祖生原酒ふなぐち菊水一番しぼり」

生原酒 ふなぐち菊水一番しぼり|菊水酒造
累計3億本突破!日本で初めて生まれた缶入りの生原酒。ほとばしる旨さ、フレッシュでフルーティな旨口。かつては蔵でしか飲めなかった「しぼりたて」の生原酒。その味わいと人気は40年以上経った今も変わりません。

500mlタイプは、フルオープンでない缶タイプ。

生原酒 ふなぐち 菊水 一番しぼり 500ml 12本 日本酒 ボトル

これではなくて、200ml缶

ふなぐち菊水一番しぼり200ml 30本入 [ 日本酒 新潟県 200ml×30本 ]

こちら200ml缶、フルオープン缶のやつ。

キャップ付きの500ml缶は、缶から直接ではなくても、グラスに少しずつ注ぎながら飲むことを思えばキャップがあるタイプで、これはこれでOK。

200ml缶は、もうそのまま飲んじゃうからこのフルオープンが絶対!最適解。

個人的な味の評価も、甘すぎずバランス良く感じられ、毎日飲める、キリッと冷やしても、缶のまま、そのままでも良い!なんといってもフルオープン感で、香りがダイレクトに感じられるのが素敵な「ふなぐち菊水一番しぼり」

かつて蔵でしか飲めなかった酒。

門外不出。かつて「ふなぐち」は酒蔵に来た方だけに振る舞っていた特別な酒でした。その旨さは、おかわりを求められ評判を聞きつけた人が後を絶たなかったほど。しかしそのデリケートさゆえ、品質の保持が困難で市場へ出荷するなど無謀なことと考えられていました。しかし菊水は持ち前の進取の精神で挑みます。すべての工程を見直し、幾多の試行錯誤を経て日本で初めて缶入り生原酒の商品化に成功します。1972年(昭和47年)11月。開発から3年の歳月が経っていました。

しぼりたて生原酒ならではの酒銘。

「ふなぐちってどういう意味ですか?」。いまもよくお客様から頂くご質問です。
「ふなぐち」の名は酒造りの現場から生まれました。 発酵を終えた醪(もろみ)を、清酒と酒粕に分離するところを、酒槽(ふね)といい、この酒槽の口から流れ出る清酒を、菊水では「ふなぐち」と呼んでいました。それは火入れ(加熱処理)も割水もしていない、しぼったままの生原酒。この酒本来の味わいを詰めたことから、「ふなぐち」が酒銘となったのでした。

生原酒 ふなぐち菊水一番しぼり|菊水酒造
累計3億本突破!日本で初めて生まれた缶入りの生原酒。ほとばしる旨さ、フレッシュでフルーティな旨口。かつては蔵でしか飲めなかった「しぼりたて」の生原酒。その味わいと人気は40年以上経った今も変わりません。

しぼったままの生原酒、火入れしていない「そのまま」が缶に詰められて、こんなに手軽に楽しめる、1972年発売のコチラの商品が50年近くの時を経て、なんとこれまでの累計出荷数3億本を突破する、変わらない「いつもの旨さ」ここにありといった感じで、コンビニによると、ちょいちょい買うんですねぇ。

フルオープンではないのですが、ついつい一緒に買ってしまうのが「ふなぐち菊水一番しぼりスパークリング」。

ふなぐち菊水一番しぼりスパークリング [ 日本酒 新潟県 270ml×24本 ]

癖になる感じで、食中酒っていうんでしょうかね、食事といっしょに、ついついグビッといけるんです。最近、ビールを飲みながら食事すると、お腹が膨れるような感じがしてしまうのですが、「ふなスパ」、スパークリング菊水だと問題なく、食事のお供になってくれます。

生原酒ふなぐちのアルコール度数が19度なので、ふなスパは、炭酸水で割って薄まってるのかなと思いきや、なんと生原酒と同じく、アクコール度数は
そのままの19度。

容器容量:200ml缶
原材料:米、米こうじ、醸造アルコール
原料米:新潟県産米 100%使用
精米歩合:70%
アルコール分:19度

商品名:ふなぐち菊水一番しぼりスパークリング
容器容量:270ml缶
原材料:米、米こうじ、醸造アルコール/炭酸ガス含有
原料米:新潟県産米 100%使用
精米歩合:70%
アルコール分:19度

 

ガス入りの水、ならぬ「ガス入りの日本酒」「ガス入りのふなぐち」ですね。

 

年に一度の特別なふなぐち「新酒」も。

新米新酒ふなぐち菊水一番しぼり 吟醸生原酒200ml×30本 [ 日本酒 新潟県 ]

関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました