賞味期限切れの日本酒の使い道とは?より美味しく飲める期間についても!

恵方呑みとは何?大人の節分の発祥or歴史についても! お酒のつまみになる話
スポンサーリンク

日本酒、皆さんはいつ飲みますか?

晩酌に飲む方もいれば、普段は飲まないという方も多いと思います。

私も日本酒は正月に飲むだけなので、飲み切らない日本酒があり、困ってしまうことも!

まぁお酒なので腐ることはないと思うのですが、いつまで飲めるのか、ちょっと気になりませんか?

今回は余ってしまい、賞味期限切れになってしまった日本酒の使い道や美味しく飲める期間ついてお話しします。

 

スポンサーリンク

日本酒の賞味期限はどれくらい?

まず日本酒の賞味期限はどれくらいなのでしょうか。

実は日本酒には賞味期限表示がありません。

アルコールの殺菌作用によって長期間の保存が可能なため、賞味期限の表示義務がないのです

その代わり日本酒のラベルには「製造年月」が義務として必ず記載されています。

だから製造年月から時間がたっていても、開栓前であれば問題なく飲むことができるのです。

ちなみに製造年月として表記されるのは酒が瓶に詰められた日のことで、お酒の製造を始めた日ではありませんよ。

という事は5年10年とたっていても開栓していなければ、熟成されて美味しくなっているかもと思うのは私だけでしょうか?

 

賞味期限切れの日本酒の使い道とは?より美味しく飲める期間についても!

日本酒のより美味しく飲める期間はどれくらい?

しかし賞味期限はないからと言っても、香りや味わいには変化が出てきます。

なので日本酒をより美味しく飲める期間は、通常の日本酒は製造年月から約1年は美味しく飲めるようです。

ただし製造方法によって美味しく飲める期間には違いがあるようで、出荷する前に一度だけ火入れを行う生貯蔵酒や一度も火入れを行わない生酒は通常の日本酒より少し早めの約9ヶ月がおいしく飲める目安になります。

あくまで開栓前の目安で、開栓後の日本酒は2~3日程度ではあまり変化は見られませんが、1週間ほど経つと酸化が進み、日本酒の酒質が変化してしまいます。

なので開栓後はできるだけ早く飲み切りましょう。

ここで美味しく日本酒を飲むために、日本酒の正しい保存方法をご紹介します。

  • 紫外線を当てない

日本酒にとって紫外線は大敵です。冷暗所で保存しましょう。

太陽光や蛍光灯の光でも劣化してくるので、瓶を新聞紙で包んで保存と尚良いですね。

  • 温度管理をしっかりと

高温での保存を避けましょう。高温で長期保存すると劣化臭が発生する場合があります。

急激な温度変化も酒質に変化が生じる原因となるので、1年を通して室温が一定の場所での保存をお勧めします。

また生酒や吟醸酒は、冷蔵庫での保存が基本になります。

 

美味しい日本酒を手に入れても酒質が変化してしまってはもったいないですよね~

正しい保存方法で美味しく飲める期間に飲み切りたいですね。

ただ残念ながら飲み切れなかったり、何年も放置した日本酒があったらどうしますか?

 

スポンサーリンク

賞味期限切れの日本酒の使い道とは?

飲み切れなかった日本酒や、何年も放置した日本酒を飲んで体調を壊すことはあまり考えられませんが、無理して飲まなくても有効に活用する方法があります。

  • 料理に使う

日本酒は食塩との相性もよく、素材を柔らかくする効果があります。

豚の角煮では、肉の臭みを取り柔らかく煮ることができ、魚の潮汁などは隠し味としてお勧めです。

  • ご飯に使う

ご飯を炊くとき日本酒を加えると、ふっくらつややかなご飯が炊けます。

また冷ご飯や冷凍ご飯を温めるときに日本酒を振りかけてもいいですね。

高いお米を買わなくてもおいしいご飯が食べれそうで、我が家の家計には大助かりです。

  • 入浴剤として使う

日本酒には、アミノ酸など美容に良いといわれる成分が豊富に含まれています。

温めた日本酒を湯に混ぜると良く室内に日本酒の香りが広がり、リラックス効果も期待できます。

なんだかお風呂の中で酔ってしまいそうです。

乾燥した季節がら、個人的には入浴剤として使用するのがいいように思いますが、とても贅沢な使い方ですね!

日本酒を入浴剤として使用するときには、少しぬるめのお湯にすることで、香りを長く楽しむことができますよ!

この他にも日本酒で化粧品を作ったり、湿布のように使う方法もあるようです。

そういえば私が小さい頃、風でのどを痛めるとガーゼに酒をしみこませ首に巻かされていました。

あの時は焼酎臭かったようですが…ww

最近では再注目されている日本酒ですが、飲まない日本酒、残ってしまった日本酒、色が変わったり臭いが出る前に捨てないで有効に活用しましょう!

獺祭、磯自慢、十四代、注目を集める日本酒について見識を深めてみる

この記事が少しでもお役に立てましたらシェアしていただけますと嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました