糖質ゼロのチューハイは太るor太らない?他のお酒との比較や太ってしまう飲み方を解説!

糖質ゼロのチューハイは太るor太らない?他のお酒との比較や太ってしまう飲み方を解説! お酒のつまみになる話
スポンサーリンク

「お酒は美味しく飲む」

これは私が決めていることです。

だから糖質やカロリーなんて気にしない!

と言いつつも”ビール太り”などと聞くと、やっぱり糖質やカロリーを気にしてしまいます。

最近では糖質ゼロというお酒もたくさんありますね。

その中でも私が一番飲んでしまうチューハイ、甘くて飲みやすく糖質やカロリーが気になります。

今回は私が気になる糖質ゼロチューハイについてお話しします。

 

スポンサーリンク

糖質ゼロのチューハイは太るor太らない?

これ以上太りたくない私、糖質やカロリーが気になります。

だから糖質ゼロという言葉や文字に惹かれてしまいます。

思わず手にした糖類ゼロと書かれたチューハイですが、なんと糖類ゼロと書かれているのに糖質量がゼロではないのです。

えーどういう事?

糖類とは糖質の一部で、単糖類や多糖類の事を指していて、含有量が0.5g未満ならゼロと表示できるのです。

だから糖質ゼロと書かれていた場合でも、完全にゼロでは無い場合があるので成分表示を確認しないといけないのです。

びっくりですね。ゼロと書かれていたら信じてしまいます。

だから太るのか… 

いやそれでもほかのお酒と比べたら、カロリーは低いのではないか?

 

糖質ゼロのチューハイは太るor太らない?他のお酒との比較や太ってしまう飲み方を解説!

糖質ゼロのチューハイと他のお酒との比較

チューハイのカロリーを他のお酒と比較してみました。(100gあたり)

  • チューハイ 60-70kcal
  • ビール 40kcal
  • ワイン 73kcal
  • 日本酒 109kcal
  • 焼酎 206kcal
  • ブランデー 237kcal
  • ウイスキー 237kcal
  • ジン 284kcal
  • 梅酒 156kcal

一見低そうに見えるチューハイのカロリーですが、摂取量を考えるとあまり低いとはいえません。

飲みやすいのでついつい摂取量が増えてしまいます。

飲みすぎには注意が必要です。

ちなみに糖質ゼロのチューハイと普通のチューハイで、カロリーの差はあまりありません。

しかし糖類に差があるのでダイエットを考えるなら糖質ゼロのチューハイを飲んだほうがいいようです。

でもチューハイを飲んで太る原因はやっぱりおつまみです.

から揚げやポテトなど揚げ物との相性がとても良いのです。

カロリーや脂質が高いですね。太るはずです。

最近ではストロングチューハイもとても人気なので、スーパーでもたくさん並んでいるので、ついつい買ってしまいますwww

ストロングチューハイとアルコール依存症の関係性は?悪酔いしてしまう理由に驚愕!

だからダイエット中におすすめのチューハイの飲み方を考えなくては!

 

スポンサーリンク

ダイエット中におすすめのチューハイの飲み方

チューハイで太りたくない私とあなた、ダイエット向きの飲み方を紹介します。

  1. 低カロリー・糖質カットの缶チューハイを飲む
  2. ノンアルコールのチューハイにする(カロリーや糖質量が多くないものを選ぶ)
  3. 低カロリーで肝臓を補助するおつまみを選ぶ(豆腐、枝豆、サラダチキン、きのこなど)
  4. 毎日飲まない(休肝日を作り肝臓を休ませる)
  5. 水も飲む(お酒と同量の水を飲み、代謝を助ける)

個人的に、とてもお勧めしたいのが、お酒と同量の水を飲むことです。

しっかり酔っぱらってしまったときは、ついつい忘れてしまいますが、これをすることで悪酔いや、二日酔いを防ぐこともできます。

悪酔いしないためにも水を飲み、おつまみに気をつけながらチューハイを楽しみたいと思います。

この記事が少しでもお役に立てましたらシェアしていただけますと嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました