キャッシュレス・消費者還元事業でもっともお得にお買い物するには?

家飲みを科学する

2019年10月から消費税が、これまでの8%から10%へ増税となりました。
それに伴い、「キャッシュレス・消費者還元事業」がはじまり、お買い物のキャッシュレス決済に対して、決済金額に対して、ポイントなどの形で還元される事業もスタートしました。

消費税増税で、外食やお酒なども消費税増税となり、対して飲食料品の購入やテイクアウトは軽減税率の対象として8%で据え置きとなるため、ますます「家飲み」の回数が増えそうですが、それはそれとして、キャッシュレス・消費者還元事業を上手にお得に活用していきましょう!

「キャッシュレス・消費者還元事業」ってどんな事業ですか?

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援します。本支援を実施することで中小・小規模事業者における消費喚起を後押しするとともに、事業者・消費者双方におけるキャッシュレス化を推進します。

キャッシュレス・消費者還元事業

キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)
2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化&...

具体的には、中小・小規模事業者におけるキャッシュレス手段を使った決済に関して、決済端末導入費や、決済手数料の一部および、消費者への還元分を国が補助し、キャッシュレスの推進を支援する事業、ということになりますね。

消費者、私たちのメリットは?

お近くの対象店舗でキャッシュレス決済(クレジットカード決済や、スマホ決済、QRコード決済)を使って支払いを行うとポイント還元が行われます。

例えば、税込み11,000円のお買い物を5%対象店舗でキャッシュレス決済した場合、550円分のポイント還元が受けられますので、実質10,450円でお買い物をしたことになり、増税前の8%の消費税の時よりも、お得に買い物ができる!ということになります。

対象店舗には5%還元の店舗と2%還元の対象店舗がある!

まず、利用する店舗がキャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗かどうか?調べる必要がありますよね?

↓登録されている対象店舗やサービスを探そう!

検索画面

地図(現在地)から決済手段に応じて、5%対象店舗、2%対象店舗を探すことができます。

ポイント還元の対象となる店舗は、加盟店登録をした小売り・飲食・サービスなどの中小店舗です。実店舗に限らず、楽天市場や、Yahooショッピングなどのインターネットショッピングモールやオンラインショップも対象になります。

イオンやユニクロなどの大手量販店については、ポイント還元の対象外です。

5%還元、2%還元とどちらか気になるところですが、フランチャイズチェーン傘下のコンビニは対象店舗になりますが、ポイント還元率は2%ですが、コンビニでも直営店の場合には、対象店舗になりません。

経済産業省が対象店舗を地図上で表示するアプリを公開していますので、それを見ながらお店を探すと便利です。

↓アプリのダウンロードはこちら

消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業
2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化&...

ポイント対象になる買い物とそうでない買い物

対象店舗でのお買い物がすべて、ポイント還元対象になるわけではありません!
対象外の商品もありますので、注意が必要です。

換金性の高い金券類、自動車や不動産(家)などは対象外ですので、対象店舗でキャッシュレス決済をした場合でもポイント還元は受けられません。

また、各決済事業者において、ポイント還元される金額に上限が設けられていて、上限金額は各社違いがあります。

キャッシュレス手段にはクレジットカードや電子マネー(交通系・流通系など)、スマホのコード決済などがありますが、利用する決済事業者がどれに該当するか事前に確認しておきましょう!

↓ポイント還元事業専用サイト

登録されている消費者向けサービスを探す | キャッシュレス消費者還元事業
2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化&...

クレジットカードやデビットカードについてはおおむね月1万5,000円相当まで(決済金額30万円まで)となっていますので、先ほどの自動車や家などのほか、決済金額が月に30万円を超えるようなお買い物には付与されないことになります。

電子マネーは事業者ごとにまちまち(Suicaは原則チャージできる金額の上限の5%まで)、スマホ決済は月3万~2万5000円相当まで(決済金額60~50万円まで) などとなっていますが、これに該当しない場合もあり、また、還元される方法も事業者によって違いがあります。

キャッシュレス還元により付与されたポイントにも有効期間がある!

キャッシュレス還元により付与されたポイントにも有効期間があり、有効期間内に使わなければ失効してしまいます。ポイントの有効期限も、各決済事業者によって異なります。
ただし、ポイントが電子マネーのチャージ分として還元された場合には、現金と同様の扱いになるため、有効期限はありません。

知っておくと積極的に利用できるポイント還元の仕組みについて

一部のキャッシュレス決済を除き、消費者がキャッシュレス還元を受けるのに、特別な手続きは必要なく、利用者がポイント還元のために利用金額をあとから申請したりするようなことなく、ただ対象店舗で対象商品をキャッシュレス決済で買う、それだけでで自動的にキャッシュレス還元が受けられる仕組みになっています。

一部を除きとしましたが、一部の決済方法には還元を受けるために手続きが必要なものもあります。

キャッシュレス還元を受けるための手続きは基本不要である

一部のキャッシュレス決済を除き、消費者がキャッシュレス還元を受けるのに、特別な手続きは必要なく、利用者がポイント還元のために利用金額をあとから申請したりするようなことなく、ただ対象店舗で対象商品をキャッシュレス決済で買う、それだけでで自動的にキャッシュレス還元が受けられる仕組みになっています。

一部を除きとしましたが、一部の決済方法には還元を受けるために手続きが必要なものもあります。

手続きが必要なキャッシュレス決済の一例

  • PASMOやSuicaなどの交通系電子マネー
    Webサイトで会員登録が必要
  • 楽天Edy
    Famiポートなどの受取端末、楽天Edyアプリなどから還元分のEdyを受け取る

大変のキャッシュレス決済は、手続き不要で還元を受けられますが、上のように手続きが必要な場合もありますので、自分の使用するキャッシュレス決済に手続きが必要かどうか、事前に調べておきましょう。

クレジットカードはちょっと・・・という人にもオススメ!銀行のデビットカードがイチオシ

あまりクレジットカードは利用したくない、利用しない方も、銀行のデビットカードならポイント還元分相当の金額が、銀行に振り込まれたらどうでしょう!?

普段あまり使用しないクレジットカードを使っても、利用期限ありで還元されたポイントも、期間内に使わない、上手く使用できないなど、あまりクレジットカードに親しみがない利用者の方も、銀行のキャッシュカードについてくるデビットカードならどうしょう。
決済には口座から即時引き落としとなるデビットカードを使ってお買い物をします、キャッシュレス還元事業対象のデビットカードであれば、最大5%の還元が受けられ、しかも口座に現金で振り込んでくれるとすれば、還元されたポイントの有効期限を気にすることなく、使い道が限られるポイントより、現金で還元してくれるので言うことなし!

キャッシュレス初心者でクレジットカードが嫌いな人、スマホ決済が不安な人、なるべく面倒なことをしたくない人が今回の事業の恩恵を受けたいなら、選ぶべきはデビットカードがイチオシ!

さらにネット銀行のデビットカードには最大5%以上の還元も!

ネット銀行のなかには、デビットカードのご利用に対するキャッシュバック率が高めに設定されているところもあるようです。

楽天銀行のデビットカードは通常、お買い物金額に対して1%の楽天スーパーポイントを付与していますが、今回の還元事業では、いつもの楽天スーパーポイント付与にプラスして、さらに5%(もしくは2%)相当の現金を口座に振り込む内容になっています。

キャッシュレス・消費者還元事業について|楽天銀行

ということはポイントと現金ダブルで還元されますので、ますます楽天カード、楽天市場などの楽天経済圏での利用が増えそうな雰囲気です。

一例として、楽天銀行をピックアップしましたが、ネット銀行のデビットカードには、銀行ごとに、様々なお得な使い方や還元内容を提供しているところがあります。

ぜひ、クレジットカードを日頃ご利用にならない方もネット銀行などのデビットカードの利用について、チェックしてみてはいかがでしょう!

弊社、ミート21楽天市場店の商品も「キャッシュレス5%還元対象」のアイコン(赤い文字のマーク)がついているように、お買い物とはキャッシュレス決済がおすすめです。

 

ということはポイントと現金ダブルで還元されますので、ますます楽天カード、楽天市場などの楽天経済圏での利用が増えそうな雰囲気です。

一例として、楽天銀行をピックアップしましたが、ネット銀行のデビットカードには、銀行ごとに、様々なお得な使い方や還元内容を提供しているところがあります。

ぜひ、クレジットカードを日頃ご利用にならない方もネット銀行などのデビットカードの利用について、チェックしてみてはいかがでしょう!

まとめ、キャッシュレス・消費者還元事業の対象期間は?

2019年10月~2020年6月までの9ヶ月間です。

キャッシュレス還元では税込み価格の最大5%が還元されますし、利用方法によっては5%以上のお得感をえられることもあります。消費税の増税分の負担を緩和することもでき、キャッシュレス還元が行われるこの9ヶ月間の期間は、乗り遅れないようにしましょう。

事前にご自分のご利用環境などを今一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

家計にも優しくお買い物ができると、さらに美味しい家飲みライフが楽しめますよ♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました