河童とくれば日本酒、こんな連想イメージは世代的背景からでしょうか?

河童とくれば日本酒、こんな連想イメージは世代的背景からでしょうか? お酒のつまみになる話
スポンサーリンク

かっぱっぱー るんぱっぱー♪

京都伏見の清酒「黄桜」のCMソング。
ご記憶にある方は、同じ時代を過ごした方たちだと思います。

昨晩、日本酒をいただきながら、つまみにキュウリの和え物がありまして、そのキュウリをポリポリっとやりつつ、チビチビっと日本酒をいただいていました。

ふとこの「かっぱっぱー るんぱっぱー♪」の音楽と、あのCMの雰囲気で頭が一杯になりましたことから、今回のテーマとなりました。


お色気の女形のカッパと、男形のカッパ、子供のカッパなどが登場する、あの時代でも古の日本的な風景を連想させるような、今思えばすごく平和で、陽気な光景が映し出されるCMだったことを覚えています。

このCMの最後「きーざくらー」と、メーカーである「黄桜」の名前が出てきますので、日本酒メーカー「黄桜(きざくら)」のテレビCMであることがわかります。

黄桜株式会社
京都伏見にある酒造メーカー黄桜公式サイト。キザクラ、KIZAKURA、清酒、京都地ビール、スパークリング日本酒、日本酒ハイボール、食品、化粧品等の製品情報、直営店、記念館の紹介、会社概要、CM情報、オンラインショップも。

黄桜株式会社、こちらは京都にある酒造メーカーさん。
もとは、近代化産業遺産の認定を受けている、京都市伏見区の松本酒造、の分家として1925年、今から約100年ほど前に創業している。

Shuhari - Sawaya Matsumoto / 澤屋まつもと
We create new frontiers with new ideas as we preserve tradition. / 伝統を守り、新しい感性をもって新境地を創造する。 - Sawaya Matsumoto Official Website / 松本酒造「澤屋まつもと」オフィシャルサイト

その後、1955年にキャラクターにカッパを起用したそうです。
1957年にはテレビCMを開始。
1964年に社名が松本治六郎商店から黄桜酒造に変わっていますので、「きーざくらー♪」として記憶に残っているテレビCMが1964年以降のものということになります。

あと一つ「きーざくらー」の後に「ドン!」と男性的な太い声で入っていた記憶がありますが、これは1982年に発売される「黄桜 呑」のテレビCMだったことがわかります。

黄桜ギャラリー

黄桜ギャラリー|黄桜株式会社
黄桜の各種CM情報や、カッパCMなど懐かしのCMをご紹介した「カッパがいた時代」などこれまでの黄桜カッパキャラクターの歩みもご覧になれます。

登場人物(カッパ)は

カッパ(夫)
カッパ(妻)
カッパ(長女:姉)
カッパ(長男:弟)
カッパ(祖父)

こういう家族構成だったことが黄桜ギャラリーからわかります。

 

 

スポンサーリンク

 

このキャラクターの絵は

1951年~1972年まで清水崑氏によるもので、清水氏は長崎市出身の漫画家さん。政治漫画の人でした。

ナガジン!|特集:発見!長崎の歩き方 「長崎の漫画家 ~清水崑~」

2代目のカッパは、1974年~小島功氏に代替わりしています。
私の記憶の中のカッパのイメージは、この方によるもの。

小島功オフィシャルサイト

色気のある曲線のカッパが、幼い頃とても刺激的で印象的でした。

黄桜の商品は楽天市場にあるお店からも購入できますよ。
近年は、日本酒の他にクラフトビールも注目を集めているようです。

黄桜公式通販サイト | 日本酒・地ビールの醸造販売 |
かっぱのマークで御馴染みの酒造メーカー「黄桜」公式オンラインショップ楽天市場店です。京都伏見から「蔵元直送の日本酒」や「京都初の地ビール」を全国にお届けします。

こちらは、澤屋まつもと

南部美人: ギフトを贈る
父の日、お中元にプレゼントするなら南部美人の日本酒は最適なギフト品になります。
CM 1978 かっぱ黄桜レジャーカップ
黄桜 CM 1972年 かっぱ水車篇
1980 黄桜
放送出来ないCM? 黄桜のカッパさん(笑)
かっぱ大吉五段仕込 黄桜 CM 1997年
黄桜 CM かっぱっぱー、るっぱっぱー ちょーと黄桜かっぱっぱー
懐かしすぎるCM 黄桜 河童の歌

黄桜「かっぱの唄」

作詞/作曲:田中正史
歌唱:楠トシエ

作詞作曲は、田中正史氏。
ドラマ「事件ですよ!」や「妖怪人間ベム」主題歌「俺たちゃ妖怪人間! 〜人間目指して何が悪い〜」の作曲なども担当されたかた。NHK教育番組の「はらくおじさん」の作曲も。

はたらくおじさん
1961年4月から1982年3月までNHK教育テレビで放送された小学校2年生向けの社会科番組放送期間中に女性の社会進出も進み番組のOPテーマも歌詞が変更されました番組は後に『みんなのしごと』と改題さらにその後は『はたらくひとたち』と題して1992年3月まで放送が続いたそうです。

なつかしー。

 

歌は、楠トシエ氏。テレビ女優第1号、元祖コマソン(コマーシャルソング)の女王とも呼ばれ、2000年には、トイ・ストーリー2のミセス・ポテトヘッド役で吹き替えを担当したりもされていますね。歌手であり、女優でもあり、声優でもあった方によるもの。

楠トシエ|NHK人物録
これまでの出演番組などを紹介する人物データベース

 

昭和的カッパCMときたらコチラも

【KINCHO】 水性キンチョウリキッドCM総集編 山瀬まみバージョン 【全16種】
関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました