ノンアルコールじゃない!苦くないビール!おすすめのフルーツビール

お酒の知識
スポンサーリンク

アルコールは嫌いじゃない、だけどビールはだめ!ビールが苦手、という人、あなたの周りにいませんか?

私個人的には、思い当たる複数の友人知人が頭に浮かびます。

「ビールってあの苦いのが苦手なんだよねぇ~」

ビール好きの私には全く分からないのですが、こういう方結構耳にするんです。
他にも「シュワシュワが強くて苦くて苦手」とか、ビール好きからすると、どうにかしてビールを好きになってもらいたい!

大変おせっかいですが、なんとかビールを好きになってもらえないものだろうか!
といった、ビール好きな仲間を1人でも増やしたいという思いが頭をよぎります。

大きなお世話ですよねぇ。

今回は、その点をご了承いただきつつも、ビール嫌いにもおすすめできる、もしかしたら、ビールを少し好きになったといってもらえるビールについて。

 

スポンサーリンク

 

ビール嫌いとビールを一緒に楽しみたい!

ポイントは

苦くなくて
シュワシュワがキツくなく
アルコールが弱くても楽しめて
それでいながら、ビール。

決して、ジュースではなくビール。

「もう、そんなのビールじゃないよ!」
といった声が聞こえてきそうですが、なぜこんなことを考えるかといいますと、ここまでクラフトビール、ご当地ビールが増えてくると、新しく出来たクラフトビールを飲みに行こうよう!と仲間と話しているとします、でも仲間内にビールが苦手な人がいるとどうしても二の足を踏んでしまったりしてしまいます。

旅先で見つけたクラフトビール醸造所も一緒に楽しめるといいのになぁと思うシーンも。
まぁ、好みはそれぞれなのは十分に承知の上で、そんな方にも楽しんでもらえるビールをテーマに見つけました。

実はそんなビールがあるそうですよ!

 

スポンサーリンク

 

ビールが苦手な方にフルーツビールを試してもらいたい!

正直なところ「フルーツビール」と呼ばれるビールがあることを私は知りませんでした。
フルーツとビールが何となく結びつきませんが、ビールとフルーツジュースをあわせて、ビールの苦味や苦手ポイントをウヤムヤにしたビールではないのです。

カクテルっぽいビールではない。

つくる途中で、生のフレッシュフルーツやフルーツエキスを加えて、ビールとして醸造されるビールと、それとビールとして出来上がったものにフルーツ果汁を加えてつくるものがあるようですが、ビールの本場ベルギーなど厳格なビールの製法にこだわる場所では、発酵中にフルーツを加える製法のものが多いようです。

このフルーツビールが日本国内の醸造所で、クラフトビールでもよく見かけるようになってきました。

使われるフルーツは、チェリー、ラズベリー、カシス、ピーチ、レモン、オレンジ、リンゴ、バナナなどもあって使用されるフルーツは様々ですが、ヨーロッパの北部では、野生種のベリー類がよく使用され、甘すぎずビール本来の味わいともバランス良く楽しまれています。同じように、日本国内でも、フルーツ=甘いといった特徴だけではなく、様々なフルーツでビールとしてのバランスもよく、それでいて、ちょっとビール苦手という方にも楽しんでもらえるようなものが多くなりました。

フルーツビールの楽しみは、瓶の栓を抜いた瞬間に立ち上がるフルーツの香り。
まずは香りが来て、飲むと少し甘酸っぱいようで泡立ちも立派にビールで、泡と行ってもクリーミーなふわっとしたきめ細かな泡。

ピンクや紫などフルーツビールの特徴的な色合いも楽しむためには、グラスに注いで楽しみたいものです。

こんな形のチューリップグラスは、その香りや色を楽しむためには最適だそうです。

そもそも、フルーツビールは、ベルギーで16世紀~17世紀の古くから存在し、諸説ありますが、ビールが腐らないようにフルーツを入れるようになったとか、出来損ないのビールの味を飲みやすくするためにフルーツを加えたといった、様々な理由があるようです。

発生時期も、それ以前の6世紀頃からフルーツビールが存在していたという説もあって、パッとでのビールではないということを知ってもらいたい!

試してみたいフルーツビール

ベルギービール シャポー バナナ

完熟したバナナの甘い香りがして、色合いはブロンド色で味わいはバナナの甘みに酸味がバランスよく交わった感じで、後口にしっかりしたバナナの甘みを残します。

レモンビール 瓶ビール 330ml

すっきりとした味のビールにレモン果汁を加えフレッシュでフルーティーな味。 カクテル感覚で飲めて女性にも大人気。 製造元/日本ビール醸造株式会社

カンティヨン・クリーク 375ml

熟成させたランビックにチェリーを数ヶ月間漬け込み、さらに若いランビックをブレンドして瓶内発酵を行います。

美しく明るいルビー色で、チェリーのフレッシュさ、ナッツのような香りが特徴。 ラベルにはチェリーの木が描かれています。

カンティヨン醸造所では、辛口で非常に酸味の強い昔ながらのランビックを今も造り続けています。
どのビールを飲んでも、カンティヨンのものとすぐに分かるほど強烈な個性をもっています。 始めは驚くほどの酸味ですが、飲んでいるうちに病みつきになるような素晴らしいビールです。

独歩ビール マスカットピルス

岡山産マスカットの天然果汁を存分に使用し、すっきりとした爽やかさで、マスカットの香りや味わいを楽しめます。
ベースは、ピルスナーなのでスッキリとしたキレもあり非常に飲みやすく仕上がっています。

かぼす&ハニー

かぼす果汁、はちみつを使った驚くほど優しい、甘酸っぱくもバランスの取れたフルーツビール

北海道麦酒醸造 フルーツビール メロンエール

夕張メロン果汁使用のフルーツビール

リンデマンス・カシス

ベルギーの首都ブラッセルの周辺約20圏内のランビック地方でしかできない野生酵母で発酵させて造るランビックビールに、カシスの天然果汁を加えたフルーツランビックで、カシスの強烈な香りと甘味がぐっと出てキレていく、甘味と酸味のバランスがいいビールです。 アルコールのだめな方にも楽しんで頂けるフルーティーな低アルコールビールです。

 

関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました